宅建資格保有者の鈴木が宅建士になるまでの豆知識を公開しています。

宅建士はどんな仕事?

宅建士はどんな仕事?

宅建士は不動産業界で役立つ資格であり、不動産業界で働くなら必須の資格とも言えます。その仕事はどんな仕事でしょうか?実務内容は以下の通りです。

・重要事項説明書へ説明と記名と押印
不動産を購入したり借りたりする人には、不動産屋の方がその物件に関する重要事項を説明します。それは物件が木造か鉄筋かなどの構造や、物件での注意事項や、契約期間の確認などをします。

そして重要事項を説明し、借り主や買い主に重要事項を理解してもらったら、説明したという証に宅建士の方が記名して押印します。この説明も宅建士の資格を持っている方しか出来ませんので、多くの場合は不動産屋のスタッフが資格を取得して、業務の一環として説明も行うことも多いです。

このために専属で宅建士のみを雇うというようなケースは少ないです。

・契約書への記名と押印
重要事項の説明が終わり、当事者双方が契約内容に納得したなら契約書を交わします。口頭でも契約は成立しますが、やはり契約したという内容を明確にするために、契約書を作成します。

契約書面を作成したなら、それを有効にするために記名と押印が必要であり、これも宅建士が行うことになっています。宅建士の仕事としては、このように不動産の契約の部分に関わっていますので、とても重要と言えます。

関連記事