宅建資格保有者の鈴木が宅建士になるまでの豆知識を公開しています。

宅建士のパートの時給

宅建士は正社員として働くことも出来ますが、パートとして時間給で働くことも出来ます。特に重要事項説明や契約書の記名と押印のみという業務なら、パートでの募集が多いです。

しかも宅建士は需要が高いので、どこででも募集があり、仕事をすぐにしたいと思うなら始めることが出来ます。とはいっても気になるのはその時給ですよね。やはり仕事をするからには、給料は高い方が良いでしょう。

時給は安くても1,000円以上から、高いと1,200円ぐらいでの募集があります。これは他の職業と比べると、同じか若干高いぐらいでしょう。また宅建士は接客業でありながら、他の接客業と比べると時給は高めです。

しかも未経験でもこれぐらいの時給になりますので、他の職種と比べると給料は高めと言えます。ただ地域によっても時給に差はあり、やはり地方よりも都会の方が給料は高く、個人経営のところよりは、大手の方が給料は良いです。

給料だけを見るならやはり大手を目指した方が良いかもしれません。しかし仕事をするとなると、給料以外の部分も考慮しないとならないですよね。その職場が働きやすいかどうか、家からは通勤しやすいのかどうかなど、給料以外の部分も重要となります。

関連記事