宅建資格保有者の鈴木が宅建士になるまでの豆知識を公開しています。

宅建士と不動産鑑定士の違い

宅建士と不動産鑑定士は、どちらも不動産に関わる国家資格ですが、内容は大きく違ってきます。まず試験の難易度ですが、宅建士は合格者が15%前後であるのに対し、不動産鑑定士は3%前後ととても難関です。

試験内容も宅建士は1次試験のみですが、不動産鑑定士は1次試験のあとに論文試験があります。とくに論文は経済学や会計学など、宅建士の試験では扱わないような内容が論文になります。

どちらも不動産業を行うには必須の資格であり、宅建士は不動産を売買するのに、不動産鑑定士は不動産の評価を行うのに必要な資格です。評価というのはその物件の資産価値がどれぐらいであるかというのを把握することであり、金額にするといくらになるかと、おおよその値段を算出します。

ただ売買するために値段を算出することもありますが、担保などとして投資用に使ったりするときにも、不動産鑑定士は活躍します。これに対して宅建士は、不動産を鑑定して評価することは出来ませんが、不動産の売買を行うときには必要であり、重要事項説明や契約書の記名や押印をするときには、資格を持っていないと行うことは出来ません。

しかも不動産業を営むときに事務所を設立するなら、必ず資格所有者を置いておかねばなりません。

関連記事