宅建資格保有者の鈴木が宅建士になるまでの豆知識を公開しています。

宅建士の試験に受からない場合

宅建士の試験は合格率が高くても20%ぐらいであり、10人中8人は落ちてしまいます。これを見ると決して簡単な試験ではありません。合格できるかどうかはどのような試験対策をしてきたかが、やはり一番重要となりますよね。

これは宅建士に限らずどの試験でも言えることです。宅建士の試験に受からない人の特徴としては、アウトプットが不十分であるということがあげられます。それは、テキストや参考書などを読んで、内容を覚えることは十分に行っても、問題集を解くなどのことをおろそかにしているということです。

試験ではひっかけ問題も出題されますので、過去問を解くなどして、問題を解けるようにしていくことが重要なのです。特に過去問は何度も解いた方が良いでしょう。試験では毎年似たような問題が出題されますので、出題内容も傾向もわかり、より試験で正解しやすくなるのです。

過去問を解くときは、出来るだけ時間制限を設けて、本当の試験のようにして解いていった方が良いでしょう。そうすれば試験の時も同じように解くことが出来、緊張も和らぎます。出来るだけ一問には時間をかけずに解けるよう、練習していくべきです。

そして繰り返し過去問を解いていきましょう。

関連記事