宅建資格保有者の鈴木が宅建士になるまでの豆知識を公開しています。

宅建士の試験の合格率

宅建士の試験の合格率は、例年のデータを見ると15%前後となっています。受験者数は20万人ほどであり、そのうち3万人ぐらいが合格します。人数でみると10人中2人が合格するという結果になっています。

このように書くと、数値で見ると合格率は低いように見えますが、他の資格の合格率と比べると、とても高い数値です。試験内容もそれほど難しいというわけではなく、独学でも十分に合格できるようになっています。

ただし勉強方法がわからないというのであれば、通信講座などを利用した方が良いかもしれません。通信講座だと、もちろん利用するにはお金がかかりますが、教材などをすべて用意してくれるので、自分で揃える手間が省けますよね。

しかも講座だとわからないことがあれば、聞くことが出来るので、その点も良いですね。ただし試験は適当にすれば合格できるほど甘い物ではありません。宅建士は人気のある資格なので受験者数もとても多いですが、中には試しに受験したりする人もいるでしょう。

もしも合格を目指すなら、しっかりと気を引き締めて勉強に取り組まないといけません。独学にするか通信講座やスクールに通うかは、あなたの考え次第であり、試験は年に1回しかないので、それを逃すと次年まで待たないといけません。

関連記事