宅建資格保有者の鈴木が宅建士になるまでの豆知識を公開しています。

宅建士とは

宅建士とは

宅建士とは、正式名称は宅地建物取引士と言い、不動産関連の資格です。不動産業界でのプロフェッショナルを証明する資格であり、以下のような業務は宅建士の資格を取得していないと行うことが出来ず、独占業務となっています。

重要事項の説明
不動産を借りたり購入したりする人に対して、物件や取引の重要事項を説明する

重要事項説明書に記名・押印
重要事項記載の書類の内容に間違いがないか確かめ、記名し押印する

契約書への記名・押印
契約書に間違いがないか確かめ、記名し押印する

このような不動産業を営むには必須の資格であり、事務所を設立したなら、法律では従業員5人に対して1人の割合で宅建士を置かなければならないと定められています。法律でこのように決められているために、不動産業界で働くとなると、真っ先に取らされる資格です。

さらには宅建士の学習範囲は法律系やビジネス系の資格と重なっている部分も多く、司法書士や行政書士などを目指す方が、最初に受験して取得するケースも多いです。

宅建士は需要も高いこともあり、資格としても難易度はそれほど高くなく、また他の資格と重なる部分もあるということから、毎年多くの方が受験します。資格の中でも受験者は最大であり、毎年20万人以上が申し込みをします。

関連記事