宅建資格保有者の鈴木が宅建士になるまでの豆知識を公開しています。

宅建士の年収

宅建士の年収

宅建士の年収は、平均で500万円前後だと言われています。しかしこれは一般的な場合であり平均なので、実際に宅建士として仕事をしたなら、その年収はピンキリです。もちろんこれ以上高い人もいれば、これ以下の低い方もいます。

不動産屋の求人であれば、300~400万円で募集している場合が多く、500万円での募集というのは少ないです。そして長く勤めると次第に給料もあがり、年収600万円以上になる可能性もあり、上場企業や大手企業だと1,000万円を超える方もいます。

さらには一般企業であっても富裕層相手の不動産会社やコンサルタント会社となると、資格所有の一般社員の方でも1,000万円近くになるケースもあります。不動産屋で働くなら、資格手当の宅建手当てがつく場合もありますので、月収にして数万円アップします。

独立して開業した場合は、物件を仲介すると不動産価格の数%もの手数料を獲得できますので、たとえば1,000万円の物件となると、60万円前後の収入が得られます。

また独立開業していても不動産屋で働いていても、インセンティブの割合が大きい職種でもあるので、如何に多くの物件を仲介できるかでも、収入に大きく影響します。全体的にみると、年収は物価の高い地域ほど高く、逆に低い地域は低くなる傾向にありますので、都会などで働く方が収入は増える可能性があります。

関連記事