宅建資格保有者の鈴木が宅建士になるまでの豆知識を公開しています。

宅建士の求人はあるのか?

宅建士の資格を取得したら、その資格を活かして転職は出来るでしょうか?結論から先に言うと実は宅建士の求人は多いのです。しかしその業務内容というと宅建士をメインとしたものでなく、不動産業界の中で営業がメインとした求人が多いです。

やはりもしも転職を希望するなら、営業もあると思っていた方がいいですね。また不動産業界での経験者はもちろん優遇されますが、未経験者も可能という場合も求人を見ると多いです。経験者としても営業の経験があると、さらに待遇が優遇される傾向にあります。

実際に不動産業を営むときには、従事者5人につき1人の割合で宅建士を置かないといけないという決まりがあるので、ただでさえ宅建士の人数が不足しがちな業界です。このために宅建士の資格を取得したら、宅建士の求人は多く需要も多いと思っていいでしょう。

しかもこの業界は離職者も多いので、どこでも求人は常に募集しているような状態になっています。ただし未経験で宅建士として働けるのはおよそ30代までであり、40代以降になると未経験だと厳しくなります。

仮に年齢不問で募集があっても40代だと、面接などで落とされるかもしれません。もしも年齢が高いなら、その点は覚悟しておいた方が良いですね。

関連記事