宅建資格保有者の鈴木が宅建士になるまでの豆知識を公開しています。

宅建士の年齢はどれぐらいか?

2017.04.06

宅建士になるような人の年齢はどれぐらいなのでしょうか?若くてもなれるのか、また高齢でもなることは出来るのでしょうか?平成27年の合格者のデータを見ると、最高齢の方は83歳であり、最年少は13歳でした。そして合格者の平均年齢は35歳です。

また不動産業界に関わる方が33%と多く、これは例年通りの結果となっています。このような結果を見ると、13歳や83歳の人が合格するとは、すごいことだとは思いませんか?そして宅建士は、年齢に関係なく、勉強をしっかりと行えば合格できるレベルの資格であるともいえるのです。

ちなみに数十年前は、宅建士の資格は合格率が60%以上であり、試験ではテキストの持ち込みが可能でした。今でこそテキスト持ち込みは禁止とはなっていますが、問題のレベルはそれほど変化していなく、誰でも頑張れば合格できる資格です。

国家試験でありながら他の資格とは違い、勉強してもなかなか合格できないというようなものではないのです。ただ問題は宅建士の資格を取得して、どうしたいかが重要です。不動産業界へ行くなら必須であり、アピールにはなりますが採用で有利にはなりません。明確な目的をもって取得を目指した方がよいですね。

関連記事